医療・介護・福祉は、
すべて繋がっています。
あなたの人生のさまざまなステージで、
お役に立てますように。

人間のからだには長く生きるぶんだけ、数多くのことが訪れます。風邪をひいたり、調子を崩したり、気になる症状が現れたり、足腰が弱って動きにくくなったり。当院は、そうした同じ人間のからだに起きることを、これは医療、これは介護と細分化せずに大きく受けとめ、その人の生を長きにわたってトータルで診ていきたいと考えています。医療人として、それぞれのあるべきゴールを設定して、プランニングしながらお付き合いさせていただきます。

院長鈴木 慶

院長 鈴木 慶

人生を長く健康に送っていただくお手伝いをしたい。
当院が、街の活性化に貢献できますように。

当院では、「こころ」を診ることを忘れずに、「脳」や「からだ」の衰えを総合的に診察・治療することを心掛けています。また自覚症状のない未病に積極的に関わることで、街全体の誰もが明るく健康で長く活躍できる街づくりの一助となりたいと思っています。病院には様々な方が集います。デイサービスや託児所を備えた総合的なふれあいの場としての価値も併せ、地域全体の幸せに貢献したいと願っています。

院長鈴木すずき けい

医学博士
脳神経外科学会 専門医・評議員
頭痛学会 専門医・指導医
自立支援法指定医
東京都難病指定医
身体障害者法指定医(身体障害者四肢麻痺用)
ボツリヌス局所療法有資格者
1959年
3月26日誕生
1984年
埼玉医科大学卒 脳神経外科入局
1986年
同 助手
1993年
武蔵野総合病院 脳神経外科医長
1995年
立川若葉町脳神経外科 開設 院長 東京都二次救急に携わる
1998年
医療法人社団 新緑会 理事長/老人保健施設など開設
2006年
鈴木慶やすらぎクリニック開設

掲載誌のご紹介

「週刊新潮」平成29年3月23日発売号に掲載されました。

PDF

Primary vol.07/2014年9月発行

当院が[Primary vol.07/2014年9月発行]号に掲載されました。
「ホスピタリティを重視し医療・介護・福祉をトータルサポート」

PDF